目の下の脂肪(目の下の膨らみの原因になる脂肪)取り手術

目の下の膨らみは老け顔やくまの原因になるので除去する事で改善します。

kuma
目のしたので膨らみです。

上の図の様に下瞼近く(目の下)の脂肪を減らす目的は脂肪の影響で盛り上がって見える事で、
たるんで見えたり老け顔の印象を改善したり、盛り上がった影が隈(クマ)のように見えるのを
改善したり、境界線が皺(シワ)のようになっている部分を改善するものです。


一般的に年を取っても脂肪の量が極端に増える事がないのでこの手術を2回やる事は少ないです。
逆に年齢を重ねて行くと脂肪が減って行く事があるので窪んで行くことはあります。

目の下の眼窩脂肪を除去する方法は主に2つです。

1.下瞼のまつげの下の所に切開(切り口)を入れて眼窩脂肪(膨らみの原因)を一部取る手術

menositasekkai
眼窩脂肪と下瞼の皮膚のタルミも同時に除去出来ます。

2.下まぶたの裏側の粘膜に小さな切開(切り口)を入れて、そこから眼窩内脂肪の一部を取り出します。
『目の下の切らないたるみ取り』や『脱脂』と言われているクリニックもあります。

dassi
下瞼の内側(結膜)から脂肪を取り出す方法です









まとめると瞼の外側を切るか、内側を切るかの違いです。

瞼の外側を切る方法瞼の内側を切る方法
ダウンタイム(個人差あり)2~3週間1週間前後
傷跡目立たないが残る無し
メリット皮膚、筋肉のタルミも改善傷や腫れが少なく他人に気付かれにくい
デメリット傷跡が残り、ダウンタイムが長い皮膚、筋肉のタルミの改善はしない
適応皮膚、筋肉のタルミが目立つ場合タルミが目立たない場合

Follow me!