上瞼のたるみの治療

上瞼のたるみは眼瞼下垂以外ではほとんどの場合、老化による変化です。
主に、瞼の構造が崩れて(弱くなって)たるみが目立ってきます。
老化の変化は、瞼の筋力の低下と皮膚が伸びる変化、支持構造の緩みなどです。

上瞼のたるみのわかりやすい変化として
  1.二重の幅が狭くなってきた。特に外側の二重幅の縮小が目立つ。
  2.タレ目イメージになった。
  

*代表的な治療法

1.伸びた、眼輪筋と皮膚を二重のライン(一重を希望する場合はまつ毛の直上のライン)の
 所で切開し、たるんでいる所を切除する
     →二重ラインでやる場合は傷跡がわからない(目を開けている時)

uemabuta
uemabuta2


2.眉の下の境界線で切開してたるみを切除する→眉毛やアートメイクで傷跡が目立ち難い。
 タルミで狭くなっていた二重の幅が改善します。

mayusita

3.眉の上の境界線で切開してたるみを切除する

(ブローリフト)

どの方法もたるみの程度によっては100%たるみが改善しないん場合があります。
上瞼の外側のたるみが目立つ場合は上のどの方法でも改善しやすいですが、
1.の方法は目頭側(内側)のたるみに対して効果的です。
2.と3.の方法も特に*外側のたるみが目立つ場合
         *二重のラインの変化を望まない場合に良いと思います
但し、傷跡が残るのが難点でしょうか。
メークなどで見え難くなりますがスッピンの状態ではやはり目に付くと思ういます。

いずれの方法でも瞼の厚みを改善する(腫れぼったい感じの改善)脂肪除去は可能です

Follow me!