二重瞼手術 埋没法

埋没法は大手クリニックで(湘南二重術).(腫れづらいばれずらい二重術).(フォーエバー二重術).
(クイックコスメティーク).(P-PL挙筋法) と言われている手術です。

本来、二重瞼の手術は皮膚(真皮)と眼瞼版とを連結させて意図した幅の二重ラインを作るものです。
その方法の一つとして瞼の皮膚に切開をしないで専用の細い糸で作業をして最後の結び目を
皮膚内に埋めるので埋没法と言います。

一般的には糸による固定なので抜糸する事で二重のラインは消失します。
稀ではありますが手術時の軽度では有りますが皮膚の真皮と眼瞼版の間に炎症による癒着が起きて
抜糸をしても二重のラインが維持される場合もあります。

*手術時間:医師の熟練度によって差は出ますが、手術自体は15〜20分ほどで終わります。
     ただし、デザインと術前の準備などがあるので全体で1時間前後です。

美容外科クリニックのホームページに手術の方法や麻酔の方法,デザインなどに関して細かく
説明されていますが埋没法の要点は皮膚と眼瞼版を糸で連結し結び目を皮膚内に埋めると言う事を
基本的に覚えておくとよいでしょう。

クリニックごとに名前を変えたり手法の違いをアピールして差別化を図っています。
大きな違いは2つです。

maibotu

上記のイラストで
  1)青い糸は皮膚と眼瞼版(白い部分)の上の部分を連結している糸の掛け方と
  2)赤い糸の様に皮膚と眼瞼版と結膜(眼球側の粘膜)をまとめて連結した糸の掛け方です。

手技的に難しいのは 1)の場合で, 2)の方法より腫れも少なく、手術後の眼の異物感はありません。
ただし、執刀医が熟練されていないと眼瞼版に確実に糸をかける事が出来なかったり固定の
強度が均等でなかったりする事で手術後の結果に影響が出ます。

一方、
2)の方法は手技的に易しいのですが、1)の方法より腫れがあり、手術後に個人差はありますが
異物感が出やすいです。固定も熟練度による差は少ないです。ただし、結び目を作る時の
力の加減が均等でないといけないのでやはりベテランの医師の方が良いでしょう。

埋没法の細かい違いは各クリニックのホームページに説明があるので参考にしましょう。

埋没法が良い場合

(リンク)
二重瞼手術 切開法
(会員メニュー)
手法が違うと埋没手術は良いのか?
熟練度の違いによる手術後の違い?
安い術式ではダメなの?

Follow me!