埋没法と切開法の違い

二重まぶたの整形において、「埋没法」以外にも「切開法」という選択肢があります。
埋没法は、上まぶたの皮下に医療用の糸を使用して固定するのに対して、切開法は上まぶたの
余分な脂肪や皮膚を切除し、縫合する方法です。

大きな違いはメスを使うかどうかですが、埋没法はプチ整形、切開法は本格的な美容整形と
理解されても良いと思います。

埋没法のメリット切開法のメリット
腫れや内出血が比較的に少ない
(ダウンタイムは2〜3日時程度)
一度手術をすると埋没の様に固定が外れる事が少ない
傷跡がほぼ無く、自然な仕上がり半永久的な二重を得る事が出来る
抜糸すればもとに戻せる目元の腫れぼったさやタルミも同時に解消出来る
切開法より比較的にリーズナブル瞼の脂肪が多い型でも安定した二重を作れる

埋没法は切開法より安価で腫れや内出血が軽いのが魅力、切開法は半永久的な二重まぶたを
手に入るのが魅力と言えます

Follow me!