下瞼のたるみの治療

目は加齢による変化が出やすい所です。
特に瞼のたるみは目立ちますね。
上瞼に関しては説明しているのでそちらをご覧ください。

上瞼のたるみの治療(リンク)

下瞼のたるみの変化は皮膚と筋肉の重力の影響による変化によってメークアップでは
カバーできない伸びてしまった皮膚や筋肉の一部を切除することでたるみが改善されます。
手術では、下のまつ毛の生え際で目の下のたるみを切除して縫い合わせることで、たるみを
修正していきます。

*目の周りは皮膚が薄いので傷跡は目立たなくなります。

下瞼のたるみ取り手術のメリット
1.皮膚のたるみと筋肉のたるみもある程度解消できる(直接切り取る事で)
2.目の下の膨らみがある場合、脂肪の切り取り(切除)も同時にできる。

手術時に色々説明されると思いますが注意する事をまとめていきます.

1.下瞼の外板(反り返り)ー切除のしすぎ、下瞼の靭帯の緩み

trumisita

2.仕上がりの左右差ー元々人間の体は左右非対称に出来ていますが通常は目立たないために
 認識されていない場合が多いです。
 手術を受けるとその部分が気になるので細かく見るようになりはじめて左右差がある事に
 気付く事になります。
 カウンセリングの段階でこの事を説明してくれる医師は良い医師だと思います。

3.内出血:手術後に内部に出血が出て溜まる現象です。出血の量によって傷を開いて溜まった
 出血を取り除くかそのまま経過観察する事になります。


下瞼のたるみ取り手術の補充説明

1.眼輪筋弁の吊り上げ固定:下瞼の眼輪筋を吸収糸で眼窩骨膜に縫合固定する。
 →たるみのある眼輪筋を吊り上げて動きのない眼窩骨膜に固定する事でたるみを解消し、
  術後の下瞼の反り返りを予防できます。

sitakotei

2.ハムラ法:眼窩内脂肪が余分に余っておらず、下まぶたの下の部分に窪みや溝がある場合に、
眼窩内脂肪を下に移動させ、窪みや溝が眼窩内脂肪で埋まるように、眼窩隔膜を
眼窩骨膜に縫合する方法。   

gannka

下瞼の手術の流れ(左)

menosita

Follow me!